×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ナイトレーシック手術による視力回復

生命保険と医療費控除が受けられる視力回復手術⇒⇒⇒ 神奈川クリニックが選ばれる12のポイント

レーシック手術に適した年齢とは?

レーシック手術は、眼球という、とてもデリケートな部分を扱う手術。治療を受けるにはいろんな制限がありますし、年齢にも制限があります。レーシック手術を受けられる年齢は20歳から60歳。ほとんどの方が20代、30代で手術をしています。20歳というのは、近視の進行が止まる時期を目安としての数字です。また、60歳というのは、白内障の年齢が目安となっています。


といっても、これはあくまでレーシック手術適正期の目安ですから、20歳でも近視が進行中であったり、60歳に達していなくても治療が受けられない場合があります。逆に20歳以下でも60歳以上でも、目の状態によっては手術ができる場合があります。まずは病院で目の検査を受け、自分の目の状態を調べてもらうのが良いでしょう。私がレーシック手術を受けたときは年齢の適正内で、裸眼は0.1以下でした。治療費用が数十万円もすることを考え悩みましたが、今後何十年も購入するであろうコンタクトレンズ費用と比較すると、早いうちに視力回復すれば、メガネもコンタクトレンズも装着しなくて良くなるのですから、決してレーシック治療費は高くないと思い、手術を決断しました。いまではレーシックの治療を早めに受けて本当に良かったと思っています。

回復率ほぼ100%!レーシックを超えた視力回復法。キャンペーン実施中!
レーシック
最新視力回復法の専門⇒⇒⇒ 品川近視クリニックの体験談はこちら